記述力模試

先週末、サッカーの合間を縫って受けてきました。

年に一度しかない上、平日振替受験もないので、サッカーの試合遅刻させました。そこまでして受けたテストでしたが、常日頃国語で足を引っ張られる長男には多少酷なテストだったようです。結果はあまり期待していません。苦手な部分を洗い出しこれから対策して行けばいいんだ!(それが難しいのですが。。。)

 

今日結果が出るはずですが見たくないな~~~~~。

長男も期待してないのできっと忘れてるんだろうな~~~~~。

結果見てまた軽くバトルする気力も労力もないな~~~~~。

ブツブツ・・・・・。

 

母はここ最近の長男の反抗期と次男くん学校生活のこと、仕事のこと、少年団ママとの人間関係のこと、などなどでかなり疲弊気味です。受験・サッカーに関しては夫の協力はまず期待できないので(どちらにも反対姿勢のため)、家庭内で理解者もいないし愚痴も言えない。。。

 

暗い記事になってしまいましたが、中学受験は親子の受験といいますが、納得です。。。

とうとう来てしまった・・・10歳反抗期

ここ最近生意気な口応えが増えては来てたのですがつい先日のことです。

 

算数の宿題で「鉛筆100mmとお金100円は使えばなくなるのは同じですが、違う点を考えて説明しましょう」のような内容だったかな。その問題で手が止まりしばらくして「訳わかんない!いきなり何聞いてんだよ!(怒)」とイライラし出しました。そして「ママ、ちょっとこれ読んでよ!」とテキストをたたきながら私のほうへ差し出してくるので、その態度が気に入らず「何イライラしてんの?わからないなら、分からないから教えて、ってちゃんと言いなさい。」と答えたわけです。それが怒りのスイッチを入れたようで、机をバンバンたたき、舌打ちを連発。

長男「わかんないって言ったじゃん!日本語わかんないの!?」

私「わかんないから教えて、でいいじゃん。イライラするようなことじゃないでしょ。」

長男「イライラしてんのどっちだよ!頭おかしいんじゃない!」

このまま平行線の言い合いが続き、とうとう机を蹴り、ハサミで自分が来てるパジャマのズボンを切ろうとし出しました。。。すぐハサミを取り上げ、

私「怒りをぶつけたい、物に当たりたいなら、自分のお金で買ったものにして。パパやママが買ったものは壊さないで。」と諭しました。

長男は泣いて興奮すると過呼吸気味になるのでまずは冷静になれるようその場を離れ、少し時間をおいて、色々約束事をしました。。。

 

これがいわゆる10歳の反抗期ってやつですね。怒りを抑えきれなかったり、親にひどい言葉使いをしてみたり、揚げ足を取ったり、やれやれ、相当な忍耐が必要です。

第4回公開模試 結果(怒)

出た出た出た!やってくれました!

はい!国語!撃沈!!!・・・・・

 

親からするとなんでそこ間違える?ってサービス問題?風の抜き出し系の問題を見事に落としてました。あと内容順に並べるやつも。漢字もボロボロ。。。

算数がせっかくいい点取れてるのにもったいないに尽きます。

 

そんなわけで栄冠の丸付け、しばらく私がやることにしました。そして早速今朝丸付けしてみるとま~ボロボロ。いままで自分で適当に丸付けしてるから国語力が付いてないんだと反省しました。例えばステージⅢの第1回の栄冠。(____)もの、の()に入る言葉を文章中から抜き出す問題で、「~~~もの」まで抜き出すんです。それじゃ「~~~ものもの」になってつながらないでしょ!?と語気を強めて問いただすと超不機嫌に。分かってるよ!とか言い返して来ます。朝からバトルで疲れます。問題を良く読まないところも大問題。お先真っ暗。。。

 

国語が壊滅的に苦手な子への対策方法をどなたか教えてください。。。

 

70>算数>理科>4科>社会>>国語

 

夏期講習特別テスト 結果

長かった夏休みがようやく終わりました。

今日から学校が始まり良くも悪くも日常に戻ります。

来月はほぼ毎週末テスト。。しかもサッカーの大会やら志望校の学園祭や体育祭もありかなりハードな毎日になりそうです。。。優先順位をしっかり決めておかないといけないと思います。

 

さて、夏期講習特別テストの結果が昨日マイニチに出てました。母数が少ないのは前期後期で分かれたからですね。最上位クラスと比較できないのが残念ではありますが、発展クラスの中では大健闘だったと思います。評価が高めに出ることを差し引いても、算数の応用が50点満点だったことは褒めてあげてもいいですね。

夏休みは宿題の計算以外なんにもしてません。。。ヤバいくらい遊び呆けてました。けどこんな風にのんびり過ごせる夏休みも今年で最後かと思うとあまり口うるさく勉強しろとは言えず。。。

 

いよいよステージ新たにIIIに突入します。これまでのやり方では通じないはずです。親も覚悟しなくては。

 

     共通 応用

4科   9     9

 

おまけ:ある日の塾弁↓(白メシ好きの長男はふりかけNGなので楽ちんです♪)

 f:id:broucheofshinshiroagatajp:20170825090008j:image

 

第10回カリテと夏期講習とサッカー

ブログ更新する時間がないほどてんてこまいの毎日です。

先週で学校も終わり、働く母にはつらいつらい夏休みに突入。

母は1年生の弟くんのサポートで手いっぱいのため長男は学校の宿題くらいは自力で終わらせてくれないと困ります!

 

この週末は前期最後のカリテがありました。先週はサッカーの合宿があったため前期最後の授業(算数)をお休みしてしまったため、学校が早めに終わった日に塾までノートコピーをもらいに行かせ、以前通っていた塾の自習室を借りてその単元を自力で勉強させました。

(*以前通っていた塾はいま弟がお世話になっているご縁で自習室使用許可をいただいています。ありがたいありがたい。しかもわからないところどんどん聞いてね!とまで言ってくれてます。神のような先生~♪)

 

今回は中空方陣と中実方陣という単元。授業を受けてないのでさっぱりわからないはずです。日能研の授業動画も見せ、なんとか栄冠や難関校プリントも終わらせ、いざカリテへ!思いのほか算数はなんとかなりましたが理科はまたもや壊滅状態に戻ってしまいました。算数に時間取られ過ぎた。。。授業を1回休むってカリテへの影響大きすぎます。。。サッカーとの両立の弊害です。

 

そして今日から夏期講習の前半が始まりました。まずはPW講座(パワーアップ講座)です。なんと朝10時前~夕方18時前までの超ロング講座。。。長男にとってはこんな長い時間塾にいるって初です。今日帰ってからの感想が楽しみ。

 

午後にはカリテの結果も出ますね。

 

第9回カリテ 自己採点

自己採点したところ

社会・理科>9割>>国語>7割>算数>6割

というところです。

いま社会はちょうど得意な分野なのでほぼ復習なしで9割超え。

理科は撃沈続きからようやく脱しました。苦手な複数回答問題もなんとかクリア。

国語は応用はよく出来ていますが基礎がいま一つ。

算数は苦手な単元が続いてます。

先日保護者会で4年はとにかく基礎固め。いま苦手意識を持つと5年で苦労するので苦手なものを得意にできるよう繰り返しが大切というお話がありました。

結果を元にしっかり復習したいです。

第3回公開模試 結果

第2回の振替受験日はGWの合間だったため私のミスで受験できず、実質2回目の公開模試です。ここ数回のカリテで撃沈しているためこの結果によってはクラス落ちを覚悟しなければいけないな~と思ってました。プレッシャーになっては困るので本人には言いませんでしたが。

そして結果が出ました。カリテで一番良かったレベルまではいきませんでしたが、なんとか目標の数値は越えていました。相変わらずケアレスミスしてますが(カタカナで答える問題をひらがなで答えて×とか。。。)それがいまの実力だと真摯に受け止めて同じミスを繰り返さないようにすればいいんです!弱点を知って良かった!まだ4年ですもん!(一喜一憂しないようそう言い聞かせてるだけですが。)

 

先日の個人面談後に改めたことが一つあります。毎日の「計算と漢字」の計算、丸付けを本人にやらせていましたが、算数の成績が落ちてきたこともあり丸付けは当面私がやることにしました。そうしたらま~ひどいひどい。間違えた問題をやり直してるのかと思ってましたが答えを書き写してるだけだったことが判明。そりゃ~身に付くわけがない。。。四則混合の逆算が苦手なことも発見でき、やはりもう少し親の見守りが大事だと痛感しました。今週末はまたカリテ・・・休む間もありませんが応援していくのみですね。

受験勉強とサッカーの両立

6~7月の週末はほぼ試合で埋め尽くされ、親子ともにいっぱいいっぱいな毎日を過ごしています。カリテ・公開模試はほぼ振替受験です。

蒸し暑くなってきて体力も消耗が激しく、月曜の朝がツラい日も・・・それでも月曜は日能研、、、学校は現在「皆勤」を継続中のためどうしても休みたくない、塾は一度休むとカリテに影響する、サッカーは休みたくない、、、恐らく本人は気力・体力ともに限界ギリギリの状態でがんばっているんだと思います。

個人面談でアドバイスがあった通り、一週間のスケジュールをホワイトボードに書いておいて、できるだけ計画的に宿題や課題を進めるようにしているのですが、「やらなきゃやらなきゃ」と気になってたまに夢に出てきてしまうそうです。

カリテの成績が思うように上がらない中、いまサッカーはかなり上向きなようで上の学年(5年)の試合に呼ばれることも増え自信を持ってプレーしているのが私にも伝わってきます。気のせいか勉強がダメだとサッカーの調子は上がり、勉強の調子が上がるとサッカーの調子が低迷する気が・・・。気のせいかしら・・・。

ここでまた悩むのが志望校です。こうもサッカーの調子がいいとそれなりの強豪校でも通用するかも。。。なんて淡い期待が生まれてしまったり(笑)おいおい。

ま、決めるのは親ではないので、好きなことを楽しく前向きにがんばる!それが一番ですね!

第8回カリテ・・・またまた撃沈

もうダメだな。お金もったいかな。ひどすぎて。応用なのに基礎の解答欄に書くとか、もう呆れるどころの話じゃないです。0点じゃん。

短い間の塾通い、お疲れ様でした。チーン。

個人面談

親子ともども超ハードな毎日でブログ更新ができていません。

 

先々週の話ですが、前回のカリテがあまりにもひどかったので、家庭学習の方法を見直さなくては!と思いまずは塾に相談してみることにしました。

面談を担当してくれたのはクラス担当の方。事前に各教科の先生に授業での様子をヒアリングしてくれてました。面談自体が初めてだったので、事務的なのか、親身なのか、かなり興味深々でのぞみました。結果、どちらかと言えば親身なほうかな。

そして肝心の中身ですが、やはり家庭学習のやり方を見直したほうがよさそうです。本人に任せっきり、出された課題をこなすだけ、の現状ですが、親が1週間のスケジューリングをしてあげるだけでもだいぶ違うようです。まだ学校見学に行ってなかったり目標が定まってないこともあって本人のモチベーションが高くないので、それが見えてくればだいぶ意識が変わるはずで、まだまだ伸びしろはある、と言っていただきました。そうだと信じて背中を押して行きたいです。

あとサッカーとの両立について、やはり6年夏期講習前までが限界とのこと。受験にシフトしてその先の中高で思いっきりやるか、両立したまま挑むかはいずれ本人も選択できるはずで、6年のテストを振替受験をすると座席が毎回最後列になりモチベーションが上がらないなど、両立はかなり無理な印象でした。

色々話せてあっという間の時間でした。