4年 第15回カリテ

今回も宿題を一通り「こなす」だけでプラスαの勉強なし、で臨みました。

 

今回の範囲、算数は分数と場合の数。

社会は中部地方。理科は引き続き星座。

国語は物語文で主人公の性格の読み取り。

 

宿題の丸付けをしていて比較的×が少なかったので、「引っかかるところ、もう一度見直しておきたいところ、ある?」と聞いてみると「今回はけっこう得意分野。大丈夫そう。」とのこと。で、毎度これを信じてしまって結果後悔となるわけですが。。。はい、今回もすご~~~く後悔してます・・・。

特に算数と国語。これは暗記問題じゃないので本当に基礎がしっかり理解できてないと解けないわけですね。二科目揃ってドボンしてしまいました。あ~悲しい。。。

 

振替受験される方もいると思うので詳しい内容は書けないのですが、国語の語句の問題、全滅でした。□三です。あそこは国語辞典使ってしっかり復習すべきだった~。そう思ったんですよね、きっとそれぞれの意味分かってないだろうな、って思ったんですよ。今回はスケジュール的にテスト勉強にほとんど時間を取れなかったので理科社会の暗記系を優先してしまい、国語算数に時間を取れなかったのです。

 

自主的に勉強に取り組める子であれば親が付いて無くても自分でしっかり勉強できるんでしょうけど、我が家の場合、テスト勉強は完全つきっきり状態なのです。なので親が忙しいと必然的に勉強時間が短くなるわけですね。これはなんとかしないとな~。

 

今週は唯一テストがない週です。今回の反省を生かし、第15回の復習と、第16回に向けた勉強をしっかりやらせたいと思います。

 

評価 共通 応用

4科   8    7