個人面談

親子ともども超ハードな毎日でブログ更新ができていません。

 

先々週の話ですが、前回のカリテがあまりにもひどかったので、家庭学習の方法を見直さなくては!と思いまずは塾に相談してみることにしました。

面談を担当してくれたのはクラス担当の方。事前に各教科の先生に授業での様子をヒアリングしてくれてました。面談自体が初めてだったので、事務的なのか、親身なのか、かなり興味深々でのぞみました。結果、どちらかと言えば親身なほうかな。

そして肝心の中身ですが、やはり家庭学習のやり方を見直したほうがよさそうです。本人に任せっきり、出された課題をこなすだけ、の現状ですが、親が1週間のスケジューリングをしてあげるだけでもだいぶ違うようです。まだ学校見学に行ってなかったり目標が定まってないこともあって本人のモチベーションが高くないので、それが見えてくればだいぶ意識が変わるはずで、まだまだ伸びしろはある、と言っていただきました。そうだと信じて背中を押して行きたいです。

あとサッカーとの両立について、やはり6年夏期講習前までが限界とのこと。受験にシフトしてその先の中高で思いっきりやるか、両立したまま挑むかはいずれ本人も選択できるはずで、6年のテストを振替受験をすると座席が毎回最後列になりモチベーションが上がらないなど、両立はかなり無理な印象でした。

色々話せてあっという間の時間でした。