理科がダメだった明白な理由が判明(第6回カリテ)

昨晩塾から帰って来た長男にカリテの結果を見せました。すでに塾でクラス内の順位が貼り出されていたようで驚く様子もなく淡々と目を通していました。理科で絶対落としてはいけない問題(□1)の4問!(配点計16点)をもう一度やり直させました。

長男「あ~これは難しくない問題だったね~」

私「なんでここ間違えちゃった?」

長男「わからない」・・・。おいおい。

私「じゃ、お風呂入ってちょっと宿題やっちゃいな。理科は終わってるでしょ?じゃ社会とかやっちゃえば?」

長男「理科まだ終わってないや」

私「!?・・・・・・・・・・・」

なんとカリテに出る回の宿題、終わってなかったことが判明・・・。そりゃ~カリテの成績が悪いわけだ。。。あれほど出題回の宿題は必ず終わらせておいてから復習したほうがいいと言ったのに。。。だけどできなかった明白な理由が分かって良かった。復習したのにできなかったよりは良かったと思い、これも次回以降に生かせるいい経験になりました♪(←ポジティブすぎるかな?)