全国統一小学生テスト

去年の11月に受けた四谷大塚の全国統一小学生テストの話。

 

1年生から通った玉井式国語的算数教室で、毎年「受けないですか〜?」って言われていながらずっとスルーしていたこのテスト。3年生の夏頃までは中学受験なんてさらさら考えていなかったので自分の子供の学力も気にもしてませんでした。ただ、学校のテストが普通にできていれば問題ないんだろう、くらいにしか見ていなかったので、そんなテスト受けてなんの意味があるか分からずずっとスルーして来てたのです。

 

ちょうど中学受験を意識し始めた頃のタイミングで塾の先生から今回はなんとしても受けてみてほしい!と言われました。3年2月までのカリキュラムの中で、その先生の元で受けられる最後のタイミングだったからだと思います。先生も生徒がどこまでの学力があるのか知りたいですよね。無料だし、いい機会だったので受験することにしました。

 

結果、偏差値は算数65、国語55、2科目で61くらいだったかな。玉井式の先生にぜひ中学受験を視野に入れて系列校の四谷大塚に転塾しませんか!?ってお誘いをいただきました。その時すでに日能研に入塾することを決めていたのですが、その場では「検討します」とだけ答えておきました。四谷大塚は合格実績があるのは分かってはいたのですが予習型であることと宿題が多いことで選択肢から外れていたのです。そして何より地元の塾なので小学校のお友達と会う確率が高いのも我が家的にNGでした。

 

塾の先生いわく長男は、「いままで受け持った生徒さんの中で一番できる子」だそう。お世辞でも嬉しいですよね。色々課題はあるけど(だらしなさとか。。。)勉強面ではすごく楽しみです、と(苦笑)その言葉を励みにこれからの受験勉強生活がんばって欲しいです。

 

f:id:broucheofshinshiroagatajp:20170424132028j:plain