第6回カリテ 結果

本日出ましたね。自己採点よりだいぶ(20点くらい)低いので、あれ?っと思いMy Nichinokenに載ってる長男の答案用紙を見てみると数字の0か6かはっきりしないところ、×が付いてました・・・。ここすごく難易度の高い問題で「これよく解けたね~!」って褒めたばかりの問題です。配点も高いのでもったいないな~。けど厳しいな~。。。せっかく最終問題も解けてたのにー!
国語や理科、社会も表記で×が付いている問題もちらほら。おそらく「なぜ」という問題に「~だから。」と答えてないとかそういうレベルの間違いです。これ大切ですよね。もったいないけど間違いは間違いです。こういう「ケアレスミス」が命取りになることをいまからしっかり自覚していかないと本番で泣きますよね。いい教訓になりました。


そんなこんなで自己最高得点かと期待してましたが更新ならず・・・。評価のほうも理科の受験種別評価4に思いきり足を引っ張られ記録更新ならず。

まだまだ4年。一回一回の成績に一喜一憂してはダメですが、やっぱり一喜一憂してしまいます。

今回の感想。とにかくもったいない!

夏期講習と読書

夏期講習のお知らせが来ました。金額見てビックリ。。。10日間やそこらで8万弱(°_°)

うちは共働きなので夏期講習の存在はありがたいのですが、高い!来年は日数も金額も更に上がるのでしょう。。。恐るべし中学受験。

 

そして最近長男が表紙の絵に一目惚れして買った本。ラストがドラマチックだったらしくママも読んで!って薦められて読んでみました。なるほど〜これは長男が好きそうな内容だ。とてもステキなお話でした。

 

f:id:broucheofshinshiroagatajp:20170528120022j:image

第6回カリテ

今日はサッカー練習お休みなので久しぶりに土曜午前受験できました。

いつもは往復車ですが、今日は行きも帰りも電車に乗りたいとのことで最寄駅までの送り迎えでした。ほんとに電車に乗るのが楽しいみたいです。帰りはMクラスで最近話すようになったというお友達と少し遠回りして無駄に(笑)乗り換えして帰って来ました。あまり人懐っこい方ではないけどこうして少しづつ塾にもお友達ができて来てよかった。

 

肝心のできはというと、ここ最近調子のいい国語は今日も良くできてます。算数は今回取り戻した感じ。社会もなかなか良くできてました。が、、、しかーし!!理科、、、どうした?光合成、苦手かい?問題の意味、理解できなかった?またまた理科に足を引っ張られてしまってます。4教科合計だとおそらく過去最高得点ですが、評価はどうでるでしょうか。月曜のお楽しみです。

それにしてもひたすら出された宿題をこなしてるだけで(自主的にオプション解いたり問題集やったりしませんが)緩く右肩上がりしてます。授業をしっかり聞いて毎日何かしらの問題に触れているだけでしっかり定着できてるんですね。この調子でがんばれ!

子供のモチベーション

中学受験って本人のモチベーションがとても大切な気がします。

一番の理想は、将来の夢があってそこに行くにはいまどうすればいいのか逆算できればいいのですがさすがに小4男子にそれを求めるのは無理。。。(もちろん出来てる子もたくさんいると思います。)わが子の場合は、塾に行くのが楽しい、塾の授業が楽しい、電車で通学したい、人工芝のグランドのある学校に行きたい、などなど理想とは程遠い動機ではありますがそれがモチベーションになっているようです。いまはそれでいいと思ってます。まだ学校見学に行っていないので具体的なイメージがわかないだろうし、中学受験はそもそも親の先導がスタートであるわけですから。

いまは学校・塾・習い事・サッカーを忙しいながらも楽しんでいますが、2年後3年後もこの状態が続くとも限りません。いや無理ですよね。いまですら受験勉強することで犠牲になってしまっていることもたくさんあると思います。もっと友達と遊びたい、もっとゲームやりたい、もっとテレビ見たい、もっと寝たい、などなど。もしそうなった時本人のモチベーションが高くないと「じゃ、塾辞めていいよ」とは言えませんよね。つい先日も宿題をためてしまい涙ながらに「無理だよ、間に合わないよ」などぶつぶつ文句を言っていたので「宿題をためたのは自分の責任。それがイヤなら塾辞めてもいいよ。」と言ってみました。そしたら「やだ!塾だけは絶対やめない!」と言って黙って宿題をやっていました。

そんな具合で、毎日些細なバトルはありつついまのところ目標を持って勉強できている、ということにしましょう(笑)

 

 

衝撃。。。

長男が通う公立小は市内ではそこそこ乱れてないというか、まぁ下世話ないいかたで言えば意識高い?系が比較的多い学校です。が、中にはいますよね、アウトサイダー?な子。お母さんがコンビニでビール買って子供が集まる公園のベンチで夜な夜な井戸端会議してる目撃談は聞いたことありました。子供も授業妨害的な行動して3年のときかなり有名になってたり。

今年その子と同じクラスになったわけですが、うちの長男はそういうのあまり許せないらしく接点なく過ごしてるようです。

ただ仲のいい超いい子が、たまたまその子と同じマンションに住む子と遊んでた時、何か見せられて、吸ってごらん!みたいに言われたらしいのです。その子は怪しいと思って吸わなかったらしいのですが、どうやらそれが電子タバコだったらしく、学校で問題になったらしいです。母親の電子タバコを当たり前のように持ち歩き友達に吸わせてみようと試みるという。。。困ったご家庭ではありますが、色々考えさせられる出来事でもありました。

ここ最近の悩み

次男は今年1年生になったばかり。新しい環境(学校と学童)に慣れてはきたものの、まだまだ手のかかる年齢です。学校の宿題もしっかり見てあげたいけど、仕事から帰って、夕飯の買い物、学童のお迎え、夕飯準備、洗濯物、長男の宿題チェック、などなどでどうしても後回しになってしまう日が多いです。。

そして週に2回の日能研のお迎え。その間に主人にひらがなプリントのなおしと音読だけはお願いするのですが、ママがいなくなるのイヤだ〜で、なかなかお迎えにも出発できず。。。

主人は受験自体には賛成してないので塾のお迎えや宿題のチェックは一切ノータッチ。そのかわり次男の学校の宿題に関してはなんとかお願いできてる状況。けど肝心の次男がパパの付き添い拒否、となると塾のお迎えは誰が行く?な日が続いてます。体が2つあればいいんだけど。。。

こんな些細なことでも教育方針の違いでうまく回らなくなるんですね。

 

あと3年、どうしましょ。

初!優ノート(カリテ結果)

先週のカリテ、どうやらクラスで上位に入ったらしく、初めて〝優ノート〟なるものをいただいて来ました。これはモチベーション上がりますね〜。

 

日能研は栄冠シールやら栄冠ポイントやらもらえるシステムがあり、例えば毎週漢字テスト満点取ったり、ノートコピーに選ばれたり、カリテの評価分加算されたり、で貯まったポイントでオリジナル文具と交換できる、ってわけです。またカリテや模試の成績上位者はノートがもらえるとのこと。

 

なかなか子供心をくすぐりますね。またもらえるようがんばってほしいです。

 

f:id:broucheofshinshiroagatajp:20170519202619j:image

[http://にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2020年度(本人・親)へ
にほんブログ村]

[http://にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
にほんブログ村:title]

 

志望校選び 鯛の尾より鰯の頭?鶏口牛後?

まだ4年なので志望校を絞るのは時期尚早ですが親としては校風や進学実績など考えて何校か受けて欲しい学校はあります。長男の性格やわざわざ受験して行かせるだけの価値があるかどうか、入学しても付いていくのに必死で結局中1から予備校通い、なんて本末転倒なことにならないようじっくり見極めていこうと思ってます。

 

私自身の経験なのですが高校は自分の学力よりずっと背伸びした学校に進学しました。周りの子の意識や学力についていけず3年間いわゆる”深海魚”状態。浮かび上がるどころか沈む一方、底辺で過ごした3年間でした。。。逆にその後進学した短期大学は自分のレベル相応の学力だったせいもあり、見事浮かび上がり短大1年はオールAの成績をあげました。そして何より毎日大学に行くのが楽しくて楽しくて、本当にあっという間の2年間だったな~。

 

そんな経験もあり、学校選びは背伸びせず1ランク落とした学校で上位を目指すほうがいいのかな、って気もします。大学入学時に難関校の下位層より、中学入学時の偏差値はそれほど高くないいわゆる”お買い得校”の上位層のほうがいい大学に進む逆転現象もある、なんて話も聞きます。本人の性格がどちらに向いてるかが一番大切ですが、その点もしっかり考慮したほうが良さそうです。

 

授業の質、校風、部活(施設)の充実度、通学時間、進学実績などから2校ほど実際に見てみたい学校があります。4~5年の間に学校公開や学園祭などに足を運ばなくては。

 

f:id:broucheofshinshiroagatajp:20170518135120p:plain

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2020年度(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ

第5回カリテ 結果

結果がMy Nichinokenに出ました。今回もほぼ自己採点通りで、得意の算数がよくなかったです。すごくもったいない計算間違いで-6点。配点が大きいのも痛かったです。一問一問を大切に正確に答えることの大事さを痛感です。

 

入塾後に各教科の担任の先生から授業の進め方を説明していただく機会があったのですがその際理科の先生から「Mクラスは少なくとも評価7以上を取ること。正解率40%以上の問題を間違えた場合必ず解き直すこと。」と具体的な目安を教えていただきました。逆を言えば正解率10%以下の問題などは見直す必要もない、と。(そんな時間があるのならもっと他のことに時間を使うべき、ってことだと思います。)すごく分かりやすい説明でした。この目安で毎回テストのおさらいをやるようにしています。今回この40%以上の問題で間違えたのは国語の応用問題で説明文で答えるべき要素3つの内1つが抜けていたところ1問、算数は例の単純計算間違いの1問、社会は2問、理科は1問、4教科合計5問ありました。ここは記憶の新しい内に要解き直しです。(それにしても土曜に受けたテストの結果が翌月曜には分かり、即見直しに取り掛かれるのはありがたい。)

 

そして国語の担任の先生が大好きな長男。そのおかげもあり少しづつ国語の苦手意識がなくなってきているようです。この調子で国語大好き!ついでに算数も大好き!になってくれるといいな~。

 

*今回も備忘録として結果を残しておきます。

  • 評価 基本 応用
  • 4教科 8  8(←受験種別で最高記録)
  • 3教科 8  7
  • 2教科 8  7
  • 国語 8  8
  • 算数 7  6
  • 社会 8  7
  • 理科 9  8

 

第5回カリテ

あいにくの雨でサッカーがお休みのため久しぶりに土曜受験できました。

 

自己採点してみたところ、今回いつも比較的できてる算数のできが良くない。。。

平面の面積を求めるやつ、テスト直前に宿題でやったじゃん。お腹が空き過ぎて集中できなかった、と言い訳してます。テストの時はいつもチョコレート持たせたりおにぎり持たせたりしてるんだけど今日に限っていらないって言うからさ〜。やっぱり空腹の集中力欠如ってもったいないですよね。これは今後に生かせる経験になりました。

 

さーて、結果やいかに。。。